海外のオンラインカジノでゲームに参加して得られた配当金は、日本国内の銀行口座に送金することが可能です。カジノから自分名義の銀行口座に送金をすると、4千円かそれ以上の国際送金手数料がかかります。金額が大きければ国際送金でも問題ありませんが、少額の出金を行う場合にはオンライン決済サービスがおすすめです。

一部のカジノサイトはヴィーナスポイントの形で出金を行うことができます。1ポイントあたり1ドルで換算し、貯まったポイントは日本国内の銀行口座に振り込んで受け取ることが可能です。ヴィーナスポイントを換金して日本国内の銀行口座に振り込をする際の手数料ですが、900ポイント(約10万円)あたり1.8ポイント(200円)です。日本国内の銀行から振り込まれるので、手続きを行ってから2営業日程度で受け取ることができます。

一般的に銀行の国際送金サービスを利用すると、受け取りをする銀行で被仕向送金手数料として千円~2千円が徴収されてしまいます。これに対してヴィーナスポイントの場合は日本国内の銀行から振り込まれるので、被仕向送金手数料を支払う必要がありません。海外カジノから数千円~数万円程度の少額の出金をする場合には、ヴィーナスポイントを利用した方がお得です。
カンボジアカジノホテルランキング/比較・評判初心者に人気こちらもどうぞ

オンラインカジノ最新情報をチャック!エンパイア777カジノの評価・評判・口コミ・レビュー
ヴィーナスポイントとはオンラインカジノでの入金や送金、そしてポイント換金での払い戻しを可能としたポイントサービスです。他のオンライン決済と同様にお金のまま取り扱うことがなく、ポイントで管理することによって、金融機関とは違った位置づけのサービスを可能にしています。換金の単価は1ポイント=1ドルとなり、1日の上限も20000ポイントなので使い勝手が良いです。さらに送金でのポイントバックもあり、手数料も激安となっていますので、クレジットカードを利用している人には重宝となります。

オンラインカジノは日本で暮らしていてもプレイすることができますが、気になる点としては手数料になるはずです。ゲームに勝って儲けたからには、少しでも損をしないで手に入れたいと思うのが自然な気持ちと言えます。今は複数の決済方法をとっているところが多いですが、手間がかかる、不安があるといった場合は気になりつつも踏み出せません。そういった人におすすめなのがヴィーナスポイントで、手数料の安さは魅力が大きいです。またドルで換算するので分かりやすく、日本国内でプレイする時には役立ちます。送金するだけでもポイントバックがあるのも嬉しく、使うほどお得になります。

ヴィーナスポイントとはオンライン決済サービスのひとつで、海外のオンラインカジノなどから自分名義の銀行口座に出金を行う際に利用します。ヴィーナスポイントの特徴は、個人の利用者は出金にのみ利用することができることで、入金手段として利用することはできません。ヴィーナスポイントに登録してカジノで出金申請をすると、入金してもらえます。入金後にヴィーナスポイントにアクセスして、自分名義の銀行口座に送金することができます。クレジットカードやデビットカードの出金には対応しておらず、利用出来るのは銀行振込だけです。ヴィーナスポイントを利用する場合はカジノサイトとは別にアカウント登録をしておく必要がありますが、サイトは日本語に対応しています。

ヴィーナスポイントとは、1ドルあたり1ポイントのポイントを指します。自分名義の銀行口座を登録して出金申請を行うと、手数料が差し引かれた上で国際送金が行われます。手数料は900(約10万円)ポイントあたり1.8ポイント(約200円)で、通常は日本円に両替されてから数日後に普通預金口座に入金されます。複数のカジノに登録する場合でもヴィーナスポイントにまとめておけば、1度の操作で少ない手数料で日本の銀行口座に出金をすることができて便利です。
オンラインカジノ最新情報はこちらオンラインカジノで副業生活(ギャンブル)は可能か?

オンカジマニアブログ記事フィリピンカジノホテルランキングと比較や評判などもチェック
ヴィーナスポイントは決済サービスの一種ですが、ecoPaysやiWalletなどに比べると知名度が高くありません。しかし、オンラインカジノなどの分野ではかなり有名な決済サービスです。複数のカジノで採用されている決済サービスなので信頼性は高いです。とあるカジノで獲得したお金をヴィーナスポイントに出金し、別のカジノへと送金することも可能、しかも手数料は格安となっています。登録では本人確認が不要なので数分で口座開設が完了します。便利さ、手軽さではecoPaysなどよりも上といえるでしょう。

しかしecoPaysやiWalletがしっかりと本人確認を行っているのには理由があります。最近では犯罪などに使われることも問題視されているので、法律が厳しくなってきています。また、大切なお金を預けておくのに本人確認なしで登録できるというのは逆に不安を感じるでしょう。ヴィーナスポイントは2017年に開始されたサービスなので歴史が浅いというのも不安要素です。総合的にはecoPaysやiWalletに比べると安全度は低いです。とはいえ安全度が低いサービスを複数のカジノが採用するはずもないので、それほど大金を預けないならヴィーナスポイントは便利なサービスと言えます。

「ヴィーナスポイント」は、2016年に提供が開始された決済サービスのことです。具体的には加盟店から資金をポイントとして受け取り、そのポイントをドルとして加盟店へ送る、あるいは国内銀行に円に換金して送ることができます。本サイト内では1ドルが1ポイントで変換され、システムは全て英ヴァージン諸島の法的管轄下で運営されています。なお、その加盟店のほとんどがオン来カジノやブックメーカーなどのオンラインギャンブルサイトなため、実質的にはそれらサービスを利用するときの出金ツールとしての役割を担っている存在です。

そんな「ヴィーナスポイント」の使い方はとても簡単です。初めての時には新規登録する必要がありますが、基本的にメールアドレスをはじめとした個人情報を入力すればものの3分で完了することでしょう。なお、この際設定したメールアドレスとパスワードはログイン時に必要となるのでしっかりと覚えておいてください。登録が完了したらログインしてみるとできることとして3つ「受け取る」「送る」「換金」を選ぶことができる仕様になっています。この際、受け取りや送る時には手数料無料ですが換金についてのみ手数料がかかる点にはご注意ください。

ヴィーナスポイントはecoPayzやiWattetと似た決済サービスですが、出金に特化しているという部分が特徴です。カジノで貯めたお金(ドル)をヴィーナスポイントに交換をして口座に貯めておけます。口座は本人確認不要で数分で作成できます。今の時代本人確認不要と聞くと不安を感じる人も多いと思いますが、英ヴァージン諸島の法律を遵守しているそうなので安心です。貯まったポイントは日本の銀行に引き出しをできますが、手数料が非常に安いです。この部分でecoPayzやiWattetよりも優れていますが、上限額などの制限がきついというデメリットもあるのでうまく使い分けましょう。

手数料は900ポイントあたり1.8ポイントという格安です。1ポイント=1ドルなので、10万円あたり200円程度の手数料がかかると考えましょう。なぜこんなにも安いのかというと、日本の銀行から出金しているからだそうです。運営している企業が日本の銀行口座を保有していて、そこから送金しているということでしょう。まだ2017年にできたばかりの新しいサービスなので今後変更があるかもしれません。ecoPayzほどの信用度はないものの、複数のカジノで利用可能な便利なサービスです。

海外のオンラインカジノをする人が増えてますが、楽しむためには日本円を外貨に交換して入金するオンラインカジノ専用の口座が必要です。また海外のオンラインカジノで勝利して、外貨を増やした場合には送金する必要があります。オンラインカジノをするための口座を使った場合には換金や送金に高額の手数料が掛かります。ヴィーナスポイントを使えば、オンラインカジノで勝利したお金を他社のポイントに一旦移行してから換金と送金などが行える便利なサービスで、使い勝手も良くて手数料も安くて人気があります。

ヴィーナスポイントは、イギリス領のヴァージン諸島に運営会社があるオンラインカジノでの入金と送金とポイント換金での払い出しを可能にしたポイントサービスです。口座を使った時のようにお金をお金のまま取扱うのではなく、ヴィーナスポイント内のポイントでの管理をする事で、金融機関のような高額な手数料をかからずに交換できるサービスです。ヴィーナスポイントの交換単位は1ポイントが1イギリスドルで交換できます。また1日の交換限度額の上限は20000ポイントまでできるため、非常に使い勝手がいいです。送金時にもポイントバックがあり、クレジットカード利用者にも人気があります。

本場のカジノの雰囲気を味わえるとして人気の高い、オンラインカジノですが、これを自宅で楽しむためには、アカウント登録以外にもう1つ作業が必要になります。その作業とは賞金の入金に使用する専用の口座開設でこれが完了しないかぎりお金を掛けて遊ぶことができません。なので事前に必ず済ませておくようにしましょう。
富裕層が注目しているオンラインカジノとは?←オンカジおススメ最新情報もチェック

オンラインカジノで使用できる専用口座を提供できるサービスはネット上で複数を見つけられます。その中でも特におすすめされるがヴィーナスポイントです。その理由は時間に関係なくいつでも換金手続きが行えるところにあります。土日や時間帯問わず、いつでも手続きを済ませられ、おまけに換金上限額も2万ドルと高めに設定されています。オンラインカジノで大金を獲得しても、すぐに手続きが行えるメリットがあるんです。なお、ヴィーナスポイントからの振込先ですが、当然のように国内の銀行にも対応しています。大手銀行からネット銀行まで、幅広く対応しているためわざわざ専用の銀行口座を作る必要がありません。これからオンラインカジノに参加をしてお金を稼ぎたいと考えているなら、まずはヴィーナスポイントのことを調べてみては如何でしょうか。

ヴィーナスポイントとは、オンラインカジノからの出金方法として現在注目を集めているオンライン決算サービスです。オンラインカジノは、スマートフォンやパソコンから手軽に遊ぶことが出来る世界中で人気のカジノです。ヴィーナスポイントは、クレジットカード等によって入金した金額をポイントにて出金しオンラインカジノで遊ぶことが出来ます。また、ヴィーナスポイントはポイントバックシステムを導入しており、一定額の取引を利用するたびにポイントが貰えます。ポイント口座もすぐに開設することが出来、審査に必要な書類などはありません。10分ぐらいでポイント口座が作成できます。

ヴィーナスポイントは、ポイントとして現金を保有する形となります。1ポイント1ドルとして出金することも可能となっております。オンラインカジノで得たポイントを出金する場合は、ポイントから現金に変換してお客様の銀行口座に入金されます。インターネット上で簡単に決済が出来るサービスです。ヴィーナスポイントは、他のオンライン決済サービスとは異なります。銀行送金が国内の銀行から行われます。国内の銀行から送金されますので、換金の時間も早いのが魅力的なサービスです。
オンカジお勧め記事はこちら注目のW88カジノの評価評判/口コミレビュー

ヴィーナスポイントは登場して間もない電子決済サービスの1つですが、最近では様々なオンラインカジノの決済手段として利用できるようになっているため、注目を集めています。カジノからの出金方法としても利用できるため、アカウントを作っておくと便利でしょう。
オンカジブログ最新記事チェックしましたか?東京カジノプロジェクト・スロットジャックポット確率は何%なのか!?

カジノでの利益も、実は課税対象となるため、利益があれば税金の支払いが必要になります。カジノでの利益は一時所得として扱われます。一時所得には50万円の特別控除があり、年間50万円以上稼いだ人は確定申告をしなくてはなりません。ただしサラリーマンの場合は給与以外の収入が20万円以下であれば申告不要なので、実質70万円までは非課税となり、それ以上の金額の半分が課税所得になります。本来であればカジノから出金した時点で収入として扱われるべきですが、ヴィーナスポイントから日本の銀行に外国送金する場合にも手数料などかかるため、こうした経費も計上できますし、オンラインカジノとヴィーナスポイントでの送金はすべて海外で行われることになるため、日本の税務署がお金の流れを把握することは難しいでしょう。

しかしジャックポットなどで大金を当てた場合は大きな金額での出金になるので、税務署が調査をする可能性もあります。正しく申告してあとから追徴課税にならないよう注意しておかなくてはなりません。