ヴィーナスポイントで出金したときの税金は?

ヴィーナスポイントは登場して間もない電子決済サービスの1つですが、最近では様々なオンラインカジノの決済手段として利用できるようになっているため、注目を集めています。カジノからの出金方法としても利用できるため、アカウントを作っておくと便利でしょう。
オンカジブログ最新記事チェックしましたか?東京カジノプロジェクト・スロットジャックポット確率は何%なのか!?

カジノでの利益も、実は課税対象となるため、利益があれば税金の支払いが必要になります。カジノでの利益は一時所得として扱われます。一時所得には50万円の特別控除があり、年間50万円以上稼いだ人は確定申告をしなくてはなりません。ただしサラリーマンの場合は給与以外の収入が20万円以下であれば申告不要なので、実質70万円までは非課税となり、それ以上の金額の半分が課税所得になります。本来であればカジノから出金した時点で収入として扱われるべきですが、ヴィーナスポイントから日本の銀行に外国送金する場合にも手数料などかかるため、こうした経費も計上できますし、オンラインカジノとヴィーナスポイントでの送金はすべて海外で行われることになるため、日本の税務署がお金の流れを把握することは難しいでしょう。

しかしジャックポットなどで大金を当てた場合は大きな金額での出金になるので、税務署が調査をする可能性もあります。正しく申告してあとから追徴課税にならないよう注意しておかなくてはなりません。