大田区を生活圏とする方の顎関節症は、整体で緩和

住宅と町工場が共存しているエリア

大田区は下町の風情を残し、住宅と町工場が共存しているエリアです。体を動かす仕事についている片も多く、ストレスからか顎関節症を持病に持つ人も多いようです。顎関節症は、放っておくと全身の疲労感や内臓疾患などの原因にもなります。 歯科の治療時に指摘されて気づくほど軽度のものも含めると、顎関節症の患者数はかなりの割合になっています。やわらかいものを好み、顎を使わない現代人の食生活なども要因の一つです。口を大きく開けなくなると、生活のクオリティが下がるので、早めの対処が必要です。最近注目されているのが、馬込の整体による緩和です。全身のマッサージを含め、首から顎に掛けて整体を施すことによって、筋肉の緊張がほぐれるのが効果につながっています。

日常的にストレスを発散するタイミング

大田区では、生活の場と仕事が一緒という方も多くいます。自営業ですと、日常的にストレスを発散するタイミングがつかめずに、ついつい心の内側に溜め込みやすいのでしょう。また、普段から歯をくいしばる傾向のある方は、いつも顎の筋肉を緊張させています。このことが、顎関節症の悪化につながるのでしょう。 町工場の仕事では寡黙にこつこつと繰り返す作業が多く、顎関節症を発症する頻度が高まると思われます。初期段階は、物をかむときに顎がかすかな音をたてる程度です。この段階で、顎のマッサージを行うと良いのですが、素人のマッサージにはリスクも伴います。出来れば、整体師の施術を受けたほうが良いでしょう。素人判断で、症状を悪化させないように、症状に気づいたら専門家の判断を仰ぎましょう。

ページのトップへ戻る